米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談

マイケル・マコスキー 2020年8月24日

 最新ニュース

ミッドウェスト・スタートアップスの最新ランキングで、ピッツバーグは中西部59の都市の中で第3位となりました。

このレポートはアメリカ中西部の新興企業投資に特化した、シカゴの新興ベンチャー投資企業であるM25によって編集されています。

ランク付けに係る項目は、新興企業活動、経営資源アクセス、ビジネス環境の3項目です。ピッツバーグは新興企業活動では3位、経営資源アクセスでは4位、そしてビジネス環境では14位にランク付けされました。

新興企業活動では現在の新興企業の数、新興企業形成におけるイグジット(exit)と成長を含むハイテク環境の活性度を測ります。経営資源アクセスでは人材の質、人数、忠誠心を測り、投資家の動向、アクセラレーター、大学そして政府機関の支援を考慮します。

ビジネス環境では生活費、税金、1人あたりのGDP、インターネット品質、空港、高速道路インフラを含みます。

2019-20年のレポートはピッツバーグで最初にユニコーン(企業価値10億ドルの新興企業)となった英語学習アプリ企業デュオリンゴ(Duolingo)に言及しています。

1位にシカゴ、2位にミネアポリスがランクされました。インディアナポリス、セントルイス、アナーバーがピッツバーグに続きます。上位6位の都市は、昨年と同じです。