米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談

GSVlabs2.jpg

最新のシリコンバレーテナントGSVラボズ(Global Silicon Valley Labs)、 ヘーゼルウッド
グリーン(Hazelwood Green)、にイノベーションハブを開設

サンドラ・トリバー  2020226

 

 スタートアップ、投資家、企業をグローバルなオンラインプラットフォームで結ぶシリコンバレー企業は、ヘイゼルウッドグリーンに新たなイノベーションハブを設立し、ピッツバーグを戦略的成長市場として位置づけました。 


100か国以上の新興企業をサポートするGSVラボズは、ラウンドハウス(Roundhouse)での長期リース契約を締結しました。 この最新プロジェクトは、モノンガヒラ(Monongahela)川沿いのアルモノ(Almono)の178エーカーの敷地で進行中で、2021年第2四半期の開業を目指しています。

 

ニキル シンハーCEOGSVラボズ(GSVlabs)の契約の声名で 「大学の人材、エンジニアリング、AI、データサイエンスなどの専門知識が今までになく拡大するネットワークにより、急成長する起業家とスタートアップ市場にとってピッツバーグには大きな可能性があります」と述べています。

 

GSVラボズは、起業家向けの共同の仕事場、共同作業及びイベントスペース、トレーニングルームを提供しています。メンバーは、パスポートプログラムにアクセスでき、オンライン環境でライブラリー資源を使うことが出来、起業家と投資家のネットワークを可能にします。 同社のウェブサイトによると、カリフォルニア州サンマテオ(San Mateo)に本社を置くイノベーションプラットフォームには、約20,000人のメンバー、450人の投資家、100以上の企業パートナーがいます。

 

 GBBNアーキテクツ(GBBN Architects)がピッツバーグの拠点を設計しました。企業はここに来ると地元の組織、投資家、大学と提携し、ピッツバーグのスタートアップ企業をこの地域にとどまらせ、外部企業の関心をも引き付けます。その方法の1つに、スタートアップコミュニティイベントがあります。

 

「この地域がいつもイノベーション、成長、機会、アイデアのハブとして認識されていることを知るとわくわくします」と郡幹部のリッチ
フィッツジェラルド(Rich Fitzgerald)は述べています。そして「ヘーゼルウッド・グリーンへの投資が実を結んだことを嬉しく思います。」と付け加えました。

 

リチャード・キング・メロン財団(Richard King Mellon Foundation)のディレクター、サム・レイマン(Sam Reiman)によると、アルモノ(Almono)GSVラボズとヘーゼルウッド・グリーン進出について話し合いを始めたのは2年以上前になります。その決定は、「ピッツバーグのさらなる前進を表し、起業家、優秀な人材、投資の拠点としてのプロファイルを高めています」と述べています。

 

ヘーゼルウッド・グリーンはコンプリートストリーツ(Complete Streets)と共同でバイクレーンを含む長期輸送計画を1月に発表しました。そのミル19の建物は昨年開業し、やがてオフィス、研究開発、軽工業、小売、住宅、公共の緑地や遊歩道が作られる予定です。

 

カーネギーメロン大学マニファクチャリングヒューチャーズイニシャティブ(Carnegie Mellon University’s Manufacturing Futures Initiative), アドバンスト
ロボット フォー マニファクチャリング(Advanced Robotics for Manufacturing)そ
してケイタリスト コネクション(Catalyst Connection)が最初のテナントです。自動運転車会社アプティブ(Aptiv)は、この春にMill19に移転してくる予定です。

 

ヘイゼルウッドグリーンはイノベーション育成の場所として構想されており、教育およびトレーニングイベント開催を計画するGSVラボズの計画に最適であるとウィリアムペドゥト(William Peduto)市長は述べています。「彼らをピッツバーグに迎えることを楽しみにしています。」と付け加えました。