米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談

クリスタルバイオテック社は、ピッツバーグ国際空港近くの大規模な医薬品製造施設にて事業を始めました。100,000平方フィートの製造施設は、この地域における最大のバイオテクノロジー投資となっています。
新施設はASTA と名付けられ、遺伝子治療薬のグローバルな供給元になるであろうと同社の最高経営責任者(CEO)は述べています。クリスタルバイオテック社は、子供を苦しめている衰弱性の遺伝子突然変異による、皮膚疾患に的を絞った遺伝子治療の製薬に力を入れています。
数百万ドルの投資により、従業員基盤は2倍になり、70の新しい雇用が創出されています。科学者の雇用から生産に至るまでのサプライチェーンの中で、本社とその他の生産施設はピッツバーグのサウスサイド地区に残ることになります。
クリスタルバイオテック社が創業の地で事業拡大を選択したことは、ピッツバーグの経済、人材、そして地域社会に対する信頼の証です。同社はサーモフィッシャーその他の近隣企業と共に、空港の回廊で拡大するライフサイエンス・クラスターの存在をさらに高めることになります。クリスタルバイオテック社が行うような大型投資は、先端技術がピッツバーグだけで創出されるのではなく、地域全体の商業化につながることを証明しています。