米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


米国初の神経美学研究センター開設

学術医療センター、ペン・メディシンは20187月初頭に米国初の神経美学研究センターを開設しました。

脳科学分野の発展にともない、研究者は神経生物学と美学の関係について、より深い見識を得たいと考えています。このセンターでは、パートナー選択、消費の仕方、デザイン上の魅力の感じ方などの判断に、美学生物学がどのように影響するかを深く理解するための研究を行います。

「このセンターでは、美学的経験の神秘的な世界の先端知識を集積し、構築することを可能にします。」とセンターのリーダーであるアンジャン・チャタジーはPhilly Voiceの記事で語っています。 「私たちの目標は、基礎ならびに応用研究を進化させ、次世代の学者を教育し、自然と脳をベースとする美、芸術、そして建築に関心を持つ創造的な専門家のハブとして機能することです。」

同センターでは、これまで専門研究されてこなかった分野をよりよく理解するために、多くの分野の中でも心理学、脳科学、ビジネス、建築などの専門家を集めていきます。センターは、近年最上位の健康研究にランクされている、ペン・メディシンの世界的な地位向上にも役立つでしょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米国初の神経美学研究センター開設

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/72