米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


自動運転車革命を進めるピッツバーグの企業

ピッツバーグは自動運転分野の研究、開発、展開で急速に成長している地域である。ウーバーやアルゴアイ、フォード、デルファイ、オーロライノベーションなどの発展を遂げている有力企業はピッツバーグにオフィスを開き、カーネギーメロン大学やピッツバーグ大学といった地元の大学から優秀な人材を採用しており世界規模で注目を集めている。しかしながらピッツバーグ地域での動きは自動車をはるかに超え、他の伝統産業を崩壊させる媒介物へと進んでいるのだ。

イノベーションワークス社長兼CEOでありリバーフロントベンチャーズ取締役のリッチ・ルナは最近、自動運転技術が他の産業で活用されることで製造業、ヘルスケア、防衛、農業など様々な分野に自動運転技術が使われて、地域のさらなる発展がみこめるといった内容の記事をメディアに投稿した。またピッツバーグの当該産業のすそ野は広く、自動運転技術ほど注目を浴びていない多くの成長企業がいることを述べている。

 "ここ数年の間、ピッツバーグは巨大だが破壊的でもある市場チャンスに向けて自動運転車を開発する多くの企業を静かに育んできた。また、これらの製品はノースショーアからイーストリバティへのドライブではあまり見かけないが、自動運転車のみに注意を払ってドライブしていると見過ごしてしまうだろう。"

ルナはAethon, Bossa Nova Robotics, Carnegie Robotics, Identified Technologies, re2 そして Seegridといった多くのAI関連企業に今後も注目し続けている。

 

Matt Minczeski on September 29, 2017

a.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自動運転車革命を進めるピッツバーグの企業

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/54