米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


キャムデン地区ウォーターフロント開発開始

201612月、リバティー・プロパティー・トラストは総工費10億ドルの、カムデン・ウォーターフロント複合開発を起工した。

「活力にあふれワールドクラスのオフィス、徒歩、自転車、自動車ならびに公共輸送手段により簡単にアクセスできる広大なウォーターフロント・パークを主体とする、ハイパフォーマンス・コミュニティーの誕生を開始する今日は記念すべき日だ。」

「これはカムデンにてすでに進行中の再活性化の取組みを土台とし、大きく貢献するものだ。」リバティーの地区ディレクター兼シニア・バイスプレジデントのジョン・ガトゥソはニュー・ジャージー・ビジネスへの記事で語った。「カムデン・ウォーターフロント開発へシフトするなかで、我々のフォーカスも単なるビジョンからとてもエキサイティングな現実へとシフトしました。」

この開発には駐車場、居住棟、ヒルトン・ガーデン・イン、そして最終的にはアメリカン・ウォーターの本社となる20,700m2のオフィスビルが含まれている。

これは11の郡にまたがる多目的用途開発の一つであり、デラウェア州ウィルミングトンの4,000万ドルの開発プロジェクトやリバティー・プロパティー・トラストのペンシルベニア州グレート・バレーのプロジェクトを含んでいる。

キャムデンウォーターフロント開発.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: キャムデン地区ウォーターフロント開発開始

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/36