米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


パナマ運河の拡張でフィラデルフィアに寄港する大型船が増加


54億ドルをかけたパナマ運河拡張により、今までより大きな貨物船がフィラデルフィア港へ入港しています。


 ホルト・ロジスティクス副社長のエリック・ホルトは、「デラウェア川には今までに来航したことのない、大きな貨物船が寄港している。」と語りました。


海運業者の、Mediterranean社 は、オランダ、ベルギー、ドイツ、イギリス、ポルトガルに寄港する新たな輸送ルートを今夏に開始しました。 南フィラデルフィアにあるThe Packer Avenue Marine Terminal 、この新ルートで東海岸に寄港する唯一の貨物ターミナルとなります。


 こうした大型船の寄港により、約2200万ドルの労働所得が見込め、地方税・州税・連邦税で年間570万ドルの税収が見込めます。


 この新たな開発により、世界の急成長するトップ20ロジスティクス・ハブ入りし、広域フィラデルフィアのステータスを高めています。


パナマ.png

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パナマ運河の拡張でフィラデルフィアに寄港する大型船が増加

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/35