米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


イースト・ストラウズバーグ大学が国際イノベーション・プログラムを開始

ペンシルバニア州北東部にあるイースト・ストラウズ大学では(ESU)では、海外からの発明家、起業家、ベンチャー事業家を対象に、国際イノベーション・プログラム(IIP)を開始しました。 このプログラムで新たに拡張されたJ-1ビザの選択肢は米国務省の認可を得ており、米国に来る国際的な発明家、企業家そして設立間もない企業に対して、最大5年間の新規ビジネスを立ち上げる機会を与えるものです。 この国際イノベーション・プログラムは米国初の試みとなります。

このプログラムへの参加者は、ESU事業促進マネージメント・チームに加えて、事業を開発、成長させる多くのパートナーと協同作業を行うことになります。 プログラムの推進にあたり、ESUはペンシルバニア州政府、地域振興・経済開発局、仏米商工会議所、ペンシルバニア移住者歓迎センター(移民、雇用者、地域をつなぐ組織)、その他多くの組織と協力関係を結んでいます。

評価の高い、ESUの事業促進プログラム2001年に始まり、複数の産業セクターの企業を含んでいます: 3D印刷、添加剤と先端製造業、ソフトウェア工学、情報工学、バイオ技術、コンピューター・セキュリティー、eコマース、ヘルスケアなど。 これらの産業セクターや、それ以外の産業セクターからも国際イノベーション・プログラムへの申請を募っています。

ESUはニューヨーク(113 km)やフィラデルフィア(137 km)などのメジャーな大都市圏と近接する、絶好のロケーションを国際企業に提供します。 当大学はネウォーク国際空港から1時間の距離にある中規模の公立大学で、空港からはヨーロッパ、アジア、南米への直行便が運航しています。

優良な生活の質と、四季折々の冒険が楽しめる北東ペンシルバニアに広がる美しいポコノ山地が、アメリカでの暮らしと仕事に付加価値を加えることでしょう。

本件へのお問合わせ:
Michael Gildea, Director, ESU Business Accelerator and Entrepreneurship, +1-570-422-7953, mgildea1@esu.edu または日本投資事務所まで

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イースト・ストラウズバーグ大学が国際イノベーション・プログラムを開始

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/23