米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


ロイヤル・ダッチ・シェル、60億ドルの投資は始まりにすぎない

ペンシルべニアのエネルギー資源について聞いたことがあるでしょうか。豊富な天然ガス埋蔵量が地域ポテンシャルの高さを物語っているのは疑いもありません。それを裏付けるデータもあります。4000近くの採掘中の油田が毎年2兆立法フィートのガスを産出しているのです。こうした活動が、100億ドルをこえる天然ガスのインフラを生み出していて、2005年から雇用は119%増加しています。「実際に、シェル化学が60億ドルを投資しているビーバー郡のエタンクラッカー工場への投資が行われており、これは始まりにすぎないのです」と元Allegheny Conference CEOのデニス・ヤブロンスキーは述べています。

The Stream誌の最近のインタビューで、Bravoグループのデジタル出版はマーセラスとユーチカの油田に焦点を当てており、ヤブロンスキーは、当該地域の労働者の質の高さ、市場への近さと原料供給能力が我々の強みであり、製造業復活への前例のない機会を作り出していると語っています。彼はシェルの投資で今後どんなことが起こるのか考えています。この変革は貯蔵や分離施設のための数十億ドルの資本投下などの経済活動を推進し、地域が引き続き協働することで、中流、下流の天然ガス投資を促すためのグランドワークをしていきます。

Watch his video interview, live on The Stream.

Learn more about why the Pittsburgh region is a location of choice for downstream development opportunities

天然ガス2.png

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ロイヤル・ダッチ・シェル、60億ドルの投資は始まりにすぎない

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/59