米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


大フィラデルフィアにライフ・サイエンスの経済効果246億ドル

momentum-thumbwp1-466x2881.jpg



63億ドルの投資が地域の経済構造に織りこまれる 

大フィラデルフィア圏(GPR)はライフ・サイエンスの規律内で起こる崩壊の次の段階をリードしている。世界的に著名な研究組織、トップレベルの生命医学のプログラム、大小企業と投資活動の健全な収益構造のおかげで、新たな研究が発表された。ベン・フランクリン、バイオアドバンス、成長のためのCEO会議、大フィラデルフィア商工会議所、EY、ライフサイエンス・ペンシルベニア、資本と技術のための大フィラデルフィア・アライアンス(PACT)、フィラデルフィア・ワークス、セレクト・グレーター・フィラデルフィア評議会、そしてHISマーキットと協力したユニバーシティー・シティー・サイエンス・センターによる共同研究であるグレーター・フィラデルフィア・ライフサイエンス・レポートでは、過去5年間の大フィラデルフィアにおけるライフ・サイエンスの足跡と投資活動を調査し、地域における当該産業の進化を特徴づける重要な発見を詳述している。

 11月のPACT's Impact 2016イベントでプレビューされた際に、グレーター・フィラデルフィア・ライフサイエンス・レポートは2011年から2016年前半を詳述し、こうした投資の回収がいかにして地域の経済構造に織りこまれていったのかを考察している。それは、長期にわたり持続する地域のライフ・サイエンスの重要性が、どのように幅広く継続する雇用機会をつくったこと、輸出統計におけるこの産業セクターの重要性が増加したことを明らかにしている。

 

レポートの内容:

 ◆  ライフ・サイエンスにおける1200の企業設立

 ◆  細胞治療、遺伝子治療、遺伝子ワクチンの領域でのリーダーシップ

 ◆  48,900人の直接雇用

 ◆  6つの医療学校(癌センター指定の4つのNCl含む)と10カ所の医療センター

 ◆  10億ドルのNIH基金

 ◆  2010年以降で5,400の生命科学に関する特許

 ◆  地域の会社への投資63億ドル

 ◆  246億ドルの正味生産高、売上高総利益率全体の4%

 

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大フィラデルフィアにライフ・サイエンスの経済効果246億ドル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/37