米国ペンシルベニア州政府日本事務所  ペンシルバニア州の事業環境・優遇助成制度のご紹介、日本企業のペンシルベニア州への直接投資に関する各種サポート・ご相談


2019年がペンシルベニアにとって素晴らしい年になる8つの理由

今年のあなたにはペンシルベニアに最良の友人がいて、それには8つの訳があります。州全体のトレンドから、単発のイベント、素晴らしい自然まで、誰でも何かが当てはまります。

1. クラフトビール革命

冬の真中には想像しがたいかもしれませんが、いつか暖かい時期が訪れ冷たいビールを楽しむことになります。幸運なフィラデルフィア住民や、街を訪れる人は誰でもビアガーデン通いに夢中になっています。常設のIndependence Beer GardenPHS(空きスペースを活用するプロジェクト)の季節限定のビアガーデンなどがあり、さらにParks on Topと呼ぶ組上げ可動式ビアガーデンが街中の緑地スペースにやってきて、街に緑の空間も作り食事やゲームを提供します。 2019年の活動に関する最新情報については、ソーシャルメディアの発信をチェックしてください。

ペンシルベニアのどこかに住んでいるなら、近いうちにあなたの近くに新しいビール醸造所が開かれる可能性があります。小さな町や州境の辺鄙な場所の周辺は、この発泡産業によって活気づけられています。多くの場合、カジュアルで早い時間から営業し、醸造所や醸造パブは、遠い日にはしご酒をした私たちにとって、驚くほど家族で楽しめるオプションです。それは手頃な価格の冒険であり、新しいことを試す機会です。この業種が急成長している例として、ピッツバーグに最近オープンしたおいしい飲食店があり、または間もなく開店する店のリストをチェックしてみてください。それでも納得できないようであれば、 ペンシルベニア中央部の新しいビール醸造所を紹介しているPennLiveのリストを参照してください。最後に、PA Brew Reviewで紹介する醸造所383ヵ所と、開設予定の醸造所80ヵ所の地図を見てください。乾杯!

ParksonTap2016_AYee-42-1024x684.jpg

野外活動では年を追うごとに、使用されなくなった鉄道やその他の未利用地の多くが、公共のための素晴らしいレクリエーションコースに転換されています。 Schuylkill River Greenways国家遺産地域は拡大を続け、 Lehigh Valleyでは、Lehigh TownshipWind GapBangorPortlandなど14の自治体を通る主要な新ルートを作っています。さらなるインスピレーションをお探しですか? 国立のRails-to-Trails ConservancyからこのPA中心のリストをチェックしてみてください。

3.ペンシルベニアでは将来に向け労働者の育成に力を入れています

ペンシルベニア州は、STEM(化学、技術、工学、数学)卒業生輩出の全米トップ5の1つですが、それだけでは不十分です。 昨年末、ウルフ知事はPAsmartの最新段階を発表しました。これはSTEM分野での教育プログラムに3,000万ドルを投資するイニシアチブです。 2019年になり、学校は補助金を受け始め、実践学習を促進し、次世代のハイテク労働者を育成推進することを可能にしました。 それは意欲的な若者と州経済双方に恩恵をもたらします。

4.国道200周年を祝う

国道が200周年を迎え、州の交通機関の歴史はますます深まっています。国道のペンシルベニアセクションは、連邦予算で作られたで米国で最も古い国道で、州政府によって資金を供給された高速道路であり、2世紀もの間、旅行者が行きたい場所へ向かう手助けをしてきたことを祝っています。 路面をたたいて美しい景色を眺めることができますが、近郊の史跡を訪れ、地域の象徴的な居酒屋で喉の渇きを癒してください。

5. ペンシルベニアの音楽祭をウォッチ

コンチェラ音楽祭やボナルー・フェスティバルで素晴らしいライブミュージックを堪能できますが、ペンシルべニアにも素晴らしい音楽祭があります。ランカスター・ルーツ&ブルース・フェスティバル (222- 24)で、2月の悲しみを和らげましょう。 ケルティックからブルーグラス、アメリカーナ、ジャズなど様々なジャンルの音楽を楽しみましょう!そのすべてが徒歩圏内にあります。

もちろん、ベスレヘムで開催される全米最大のフリー音楽フェスティバル(201982日〜11日)にも参加できます。 いくつかの公演がすでに発券されていますが(2019年のヘッドライナーにはThe ChainsmokersLady AntebellumBrad Paisleyなどがいます)、残りのラインナップは未定で、今後追加発表されます。 イベントは芸術の祭典だけでなく順応型再利用の祭典でもあります。それはつまり、ミュージックフェスタは古いベスレヘム鉄工所の敷地内で行われます。

pennFes.jpg

6.ジョン・フェターマンが州議会にいます

新年を迎え、ペンシルベニアは新たな副知事を迎えました。ジョン・フェッターマンは、故郷のブラッドックで何年もの間、地元議員としての時間を費やしてきた革新的な政治家でした。彼の新しい役割が何をもたらそうとも、退屈なものにならないでしょう。

7. ペンシルベニア州の最初の住民を称える

39回焼きトウモロコシ穂の祭りは、201981718日にアレンタウンのインド文化博物館で行われます。 博物館に行ったことがないのであれば、これは伝統的な打楽器、歌、ダンス、そして食べ物を楽しみながら博物館を楽しむ絶好の機会です。 トマホークを投げ、宝石類や衣類を買い、水牛のハンバーガー、フライパン、そしてもちろん火で焼いたトウモロコシを食べましょう。 子供たちはサンドアートを作ったり、ドリームキャッチャーを織ったり、自分の顔を描いたりすることができます。

8. エリー湖で夏を過ごす

ペンシルベニアが海に面していないからといって、ビーチがないわけではありません。エリー湖は本当に不思議な場所で、あなたのペンシルベニア中心のやりたいことリストにプレスク・アイル州立公園がないのは問題です。 海岸でキャンプしたり、つま先を水に浸したり、地元産のワインを一本開けたり、地平線に沈む夕日を眺めることができます。 さらに動機が必要な場合は、2019721日に開催されるプレスク・アイル・ハーフマラソンに申し込んでみましょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2019年がペンシルベニアにとって素晴らしい年になる8つの理由

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pa-japan.org/mt/mt-tb.cgi/93